本文へ移動

町井住宅産業ブログ

お部屋の採光に「ガラス瓦」という方法があります

2023-10-20
先日、化粧スレートから瓦への葺き替え工事をさせていただきました。
その際、今後の雨漏りの不安を解消するために、トップライトからガラス瓦への変更をお勧めし、施工させていただきました。

工事前のトップライト
ガラス瓦を施工
設置から年数が経ったトップライトは、屋根材とのつなぎ目の部品の劣化が原因で雨漏りが起きるようになります。
ガラス瓦は通常の瓦と同じ形状なので、水の流れに無理がなく、ずれたり割れたりしない限り、雨漏りの心配がありません。
また、強化ガラス製で、通常の瓦よりもはるかに割れにくい強度があります。


トップライト下部分の板金が劣化
穴が空いた板金
こちらのトップライトは、つなぎ目の板金が劣化し雨漏りしていました。


ガラス瓦施工後の室内からの写真です。
お部屋の雰囲気に合った天井板の素材を選ぶこともできます。
ガラス瓦が使用できる瓦屋根だと施工も容易ですので、お気軽にご相談ください。



2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る